「C4ウォーターマン」この新しいフェザーコアラインには、フォームサンドイッチ+複合構造からなる、正確なテクノロジーにより組み立てられています。
多くの試験により、デッキとボトムに木製(または竹製)の板をラミネートする事で、最も軽く、そして最も強い板を価格を抑えて提供できる事を実証しました。
 
 
フェザーコアEPSを芯にして、ファイバーグラスラミネート+エポキシ樹脂でこの非常に薄い合板シートを挟みこんでいます。
ストリンガーとこの合板は、一種のモノコック構造を形成しています。
これによって、古典的なポリエステル樹脂のサーフボードスタイルを終わらせ、次世代のスタイルを作りあげました。
 
 
C4ウォーターマンのSUPおよびサーフボードのシェイパー、デザイナーとして、手作業でデザインを起こし、シェイプし、新しいプロトタイプを作り、世界中の様々な場所でテストをしてきました。
C4は、このような試みをする最初のSUPカンパニーでした。
また、これらの作業を今も継続しています。–Dave Parmenter






8’4 TURBO SPUD

8’4 SPUDNIK

8’6 FORWARD-VEE-BATWING

8’8 MICRO-SUB


Sub Vector 9’3

Da Bruddah 9’6

Ten-Thirty 10′

Da Beachboy 10’6



Holoholo EVA 10’6

MALOLO 12’6

MONGOOSE SPEED 12’6